成田市ラグビーフットボール協会の概要

概要

当協会は、幼年から大人までの活動体制の構築を図り、生涯スポーツのラグビーの普及を目指して各事業を行っています。


近年の活動目標

日本ラグビー界は、2019年に開催されるラグビーワールドカップに向け、ラグビーの普及、啓発に取り組んでおります。そのような中、今回開催するこのイベントは、市民へのラグビー普及、啓発に非常に効果があるものと確信しております。また、各種イベントなどを通じて、地域との繋がりを深めることで、ラグビーを広める。


協会事業

ミニラグビー教室運営(ジュニア)
ミニラグビー交流戦運営(ジュニア)
ラグビーリーグ成田運営(クラブ)
成田セブンズ運営(クラブ)
各種誘致活動(企画)
成田市代表派遣(事務局)
ラグビーイベント等の実施(実行委員会)


成田市代表

県民大会へ成田市代表選手を派遣しております。
  <成績>
  ・平成24年度 2位
  ・平成25年度 2位
  ・平成26年度 2位
  ・平成27年度 1回戦敗退
 ・平成28年度 5位

協会構成

<役員>
会長 小川 利雄
副会長 平山 儀幸
副会長 松丸 謙
理事長 藤崎 伸幸※事務局長兼務
事務局担当理事 星野 潤
事務局担当理事 海老原 一之
会計担当理事 ローソンかおり
理事 永野 慎也※ジュニア委員長
理事 藤野 俊彦※クラブ委員長
理事 藤倉 健※企画委員長
監査役 中西 康茂

<委員会委員>
ジュニア委員会 小島 純平、大谷 忠嘉
クラブ委員会 高安 亮雄、椎名 大介、新城 洋道(トレーナー)
企画委員会 長尾 俊彦、波多野 恵介


規約

成田市ラグビーフットボール協会規約

(名称)
第1条 本協会は成田市ラグビーフットボール協会という。
(所在地)
第2条 本協会は所在を成田市内に置く。
2 所在地の指定については、会長が別に定める。
(目的)
第3条 本協会は成田市体育協会に所属し、千葉県ラグビーフットボール協会加盟団体として、成田市におけるラグビーフットボールの健全な発展およびその普及を図ることを目的とする。
(事業)
第4条 本協会は第3条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)競技会の開催およびその主管
(2)競技の技術講習会の開催および指導
(3)競技規則の解説および普及
(4)競技者の保健、安全対策に関する事項
(5)ラグビーフットボールの宣伝および普及
(6)市民団体との交流および広報活動
(7)上部団体および加盟団体相互の連絡調整
(8)その他、協会の目的に必要な一切の事項
(組織、加盟および脱退)
第5条 本協会は成田市および近隣地域において活動するラグビーフットボール団体をもって組織する。
2 本協会への加盟を希望するラグビーフットボール団体は理事会の承認を得なければならない。
3 本協会は加盟団体が次の各号の一に該当するに至ったとき、または加盟団体として不適と認めたときは、理事会の承認を得て脱退させることができる。
(1)この規約等に違反したとき。
(2)本協会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
(役員)
第6条 本協会に次の役員を置く
(1)会長 1名
(2)副会長 若干名
(3)理事長 1名
(4)理事 10名以内
(5)会計担当理事 1名
(6)事務局担当理事 2名
(7)監査役 1名
(会長選任)
第7条 会長は理事の互選によって定める。必要な場合は千葉県ラグビーフットボール協会および成田市体育協会等へ届け出る。また、総会へ報告する。
(理事長選任)
第8条 理事長は理事の互選によって定める。
(副会長、理事および監査役選任)
第9条 副会長および会計役は理事の互選によって定める。理事および各担当理事は加盟団体の代表者またはそれに代わる役員、専門部会長およびその理事会の推薦した者から本理事会にて選任する。監査役は理事会で選任する。
(顧問)
第10条 顧問は本協会に対し、著しく功績のあった者の中から、随時、理事会にて選任することが出来る。顧問は会長の諮問や本協会の事業達成のために協力する。
(事務局の設置)
第11条 本協会の事務を処理するため、事務局を設置する。
2 理事長は事務局長の職務を併任し、事務局の組織および運営等を管理する。
3 事務局は、理事長、事務局担当理事および会計担当理事により組織し、協会事務全般を行う。
(委員会の設置)
第12条 委員会は、役員および委員会が推薦する者を持って構成する。
2 委員会は、事務局の招集による会議、書面による会議ならびに電磁的方法により開催する。
3 委員会は、部会長を議長として会務に必要な事項及び緊急事項を審議執行する。
4 協会としての意思決定等が必要な事項について、理事会に審議を依頼する。
(実行委員会の設置)
第13条 事業を実施するにあたり、会長が必要と認めたときは、実行委員会を設置することができ、委員長は会長がこれにあたる。
2 実行委員会は、会長が実行委員長となり、実行委員会の会務は事務局が行う。
3 実行委員会の組織、運営、その他必要な事項は、事務局が作成し理事会の承認を受ける。
(任期)
第14条 役員の任期を次のとおり定める。ただし、再任を妨げない。
(1)会長 2年
(2)副会長 2年
(3)理事長 2年
(4)理事 2年
(5)会計担当理事 2年
(6)事務局担当理事 2名
(7)監査役 2年
2 定数の3分の1を超える者が欠けたときは、遅滞なくこれを補充しなければならない。
3 補欠のため、または増員によって就任した役員の任期は、それぞれの前任者又は現任者の任期の残存期間とする。
4 役員は、辞任または任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。
(引継)
第15条 役員はその任期が満了した場合でも、後任者が就任するまではその職務を行う。
(解任)
第16条 役員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の承認を得て、これを解任することができる。この場合、その役員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)心身の故障のため、職務の遂行に堪えないと認められるとき。
(2)職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。
(会長責務)
第17条 会長は本協会を代表し、目的遂行の任に当たり、総会の議長となる。会長がその職務を執行できなくなった場合は副会長または理事長がその職務を代行する。
(理事長責務)
第18条
(1)理事長は理事会を統括し、議長となる。
(2)理事長は事務局を統括し、事務局長となる。
(理事責務)
第19条 理事および各担当理事は理事会を組織し、総会の議決事項および本協会の目的達成に必要な事項につき、企画および事業達成の職務を執行する。
(監査役責務)
第20条 監査役は次の職務を行う。
(1)理事の業務執行の状況を監査すること。
(2)本協会の財産の状況を監査すること。
(3)前2号の規定による監査の結果、本協会の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があることを発見した場合には、これを総会に報告すること。
(4)前号の報告をするため必要がある場合には、総会を招集すること。
(5)理事の業務執行の状況又は本協会の財産の状況について、理事に意見を述べ、若しくは理事会の招集を請求すること。
(総会)
第21条 本協会の総会は通常総会および臨時総会の2種とする。
2 総会は役員、専門部会員および本協会加盟団体代表者をもって構成する。
3 総会はこの規約で定めるもののほか、次の事項について議決する。
(1)規約の変更
(2)事業計画および収支予算に関する事項
(3)事業報告および収支決算に関する事項
(4)その他本協会の運営に関する重要事項
4 通常総会は毎年1回開催する。
5 臨時総会は次の各号の一に該当する場合に開催する。
(1)理事会が必要と認め招集の請求をしたとき。
(2)構成員の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面又は電磁的方法をもって招集の請求があったとき。
(3)前条第5号の規定により、監査役から招集があったとき。
6 総会は前項第3号の場合を除き、会長の招集、書面および電磁的方法(電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法であって法務省令で定めるものをいう。以下同じ。)により開催する。
7 総会は構成員の3分の1以上の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって議決する。
8 総会に出席できない構成員は、書面をもって議事の議決を委任することができる。
9 前項の規定による書面による議決権の行使に代えて、通信電話等の装置を利用した方法及び電磁的方法によって議決権を行使することができる。
(理事会)
第22条 理事会は、理事、各担当理事および監査役をもって構成する。
2 理事会は毎年1回以上開催する。
3 理事会は理事長の招集による会議、書面による会議ならびに電磁的方法により開催する。
4 理事会はこの規約で定めるもののほか、次の事項を議決する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)加盟料、年会費に関する事項
(4)事務局に関する事項
(5)委員会に関する事項
(6)実行委員会に関する事項
(7)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項
6 理事会は構成員の2分の1以上の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって議決する。
7 理事会に出席できない構成員は、書面をもって議事の議決を委任することができる。
8 前項の規定による書面による議決権の行使に代えて、通信電話等の装置を利用した方法及び電磁的方法によって議決権を行使することができる。
(経費)
第23条 本協会の経費は加盟団体の年会費および寄付金、賛助金等で賄う。
(年会費・加盟料)
第24条 本協会の年会費は理事会において決定する。
(事業計画および収支予算)
第25条 本協会の事業計画およびこれに伴う収支予算は、理事長が作成し、理事会および総会の議決を経なければならない。
(事業報告および収支決算)
第26条 本協会の事業報告および収支決算は、毎事業年度ごとに理事長が事業報告書、収支計算書、貸借対照表および財産目録等として作成し、監査役の監査を経て、その年度終了後3月以内に理事会および総会の承認を得なければならない。
(事業年度)
第27条 本協会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
(規約の改廃)
第28条 本協会の規約の改廃に関しては、理事会にて建議し、総会の承認を得る。
(準用)
第29条 この規約に定めがない事項で、運営上疑義が生じたときは、成田市体育協会規約、千葉県ラグビーフットボール協会規約および日本ラグビーフットボール協会規約等を準用する。

附 則
この規約は、平成 6年 4月1日から施行する。
附 則
(施行期日)
この規約は、平成20年 6月1日から施行する。
附 則
(施行期日)
1 この規約は、平成29年10月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規約の施行の際、改正前の成田市ラグビーフットボール協会規約に基づき行われた事項については、この規約の相当規定により行われたものとみなす。